大西脳神経外科病院

TEL: 078-938-1238

明石駅前クリニック
TEL: 078-911-0024

>
>
>
>
>
認定看護師

サブメニュー

認定看護師

  

急性期から回復期まで広がる看護

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師・呼吸療法認定士

回復期リハビリテーションセンター 看護師長

米田芳子

 認定看護師は、5年に一度の更新審査があります。5年の実務
期間を振り返り、今後の5年を再構築するための更新審査です。
私も、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を取得して一度
目の更新の頃となりました。この5年間を言葉にすると、「精進」だったと思います。そしてこれからもそうだと思います。ただしそれは、自身のスキルアップに進行形でつながっています。認定看護師だからモデルナースとして活躍できるわけではなく、「精進」のたまものであると思います。今後も自身の看護の「実践」、実践を通し看護師の「指導」、「相談」を心がけ、スタッフとともに活動していきたいと思っています。
さて当院では、昨年(2017年)に回復期病棟が開設されました。入院患者内訳は、脳卒中が80%、脊髄、脳腫瘍が20%と特徴的です。これまで急性期でしか臨床経験のなかったスタッフと共に、初めての回復期病棟を構築することとなりました。
急性期は、限れた時間の中で重篤化の回避に始まり生活の再構築を考えるまで、患者様の予後を左右する大切な時期です。そして回復期病棟は、亜急性期の患者様も増えつつあり、重症化と障害受容を必要とする時期です。私が認定看護師を目指した理由の一つは、多彩な症状をもつ脳卒中の患者様に歩み、寄り添える看護を提供できることでした。
実際に回復過程の患者様との関りは、同じ疾患でも時間の流れや時間のかけ方の違いに驚きました。そして、障害受容の難しさと看護の必要性を改めて実感しています。また、回復期病棟はリハビリのイメージが強かったのですが、リハビリテーションが円滑に実施できるためには、患者様の想いを受け止め個別的な先を見つめた看護や医療チームとの連携がまず必要だと改めて感じました。
コメディカルの連携においては、当院のスタッフは各分野が専門性を発揮するだけでなく協力し合える関係性だと自負しています。
回復期が開設されたことで、新たなる「精進」が増えました。しかし、その先には私達自身の成長があると信じ、患者様の可能性も信じています。後遺症を残すことの多い脳卒中に対し、急性期から回復期まで一貫した医療を提供し、患者様の「生活の再構築」を創造できる、地域密着型の病院を目指していきたいと思っています。

 

 


  

手術看護認定看護師として入職して

 

手術看護認定看護師

手術室・救急室・中央材料室 副主任

松原昌城

 2019年4月に入職しました松原と申します。
認定看護師の資格を取得し4年が経過しようとしています。認定看護師とは看護協会から認定された資格で、「実践」「指導」「相談」を行うことを役割としています。
手術看護認定看護師は2019年5月現在で587名が登録されていますが、その多くは大学病院や総合病院で勤務しています。しかし、私は資格取得時から脳神経外科の専門病院で勤務しています。これは脳神経外科が好きという理由だけではありません。手術看護認定看護師は専門とする知識・技術がとても幅広くなります。麻酔看護だけでなく、様々な診療科における知識や技術が必要になるのです。その中で特定の診療科の分野において専門的に看護介入し、より多くの専門的な看護実践を行うことで、他者への指導や相談が行える知識・技術が身につくと考えている為、脳神経外科の専門病院にこだわって転職しました。実際に前院で勤務した7年9か月で1105件の手術を担当し、専門的な看護提供を実践し、手術室看護師だけでなく、病棟看護師向けにも様々な勉強会を実施しました。ちなみに、脳神経外科専門病院に勤務する手術看護認定看護師は全国で私一人だけです。この強みを活かして、他院からもご依頼を頂き、脳神経外科手術看護の勉強会を実施してきました。
この度入職した大西脳神経外科病院におきましては、脳神経外科専門病院として評判の高い病院であり、術中MRIやハイブリッド手術室、最新の顕微鏡などを駆使した最先端の手術医療が提供されています。私自身も未経験な血管内手術看護や救急看護と合わせて、知識を深めていきたいと思います。また、手術室は様々な部署が協力して医療を提供するチーム医療が非常に重要な部署です。大西脳神経外科病院のチームの一員として、役割を果たせるように精進してまいります。
最後に、私は社会人になるまで稲美町と明石市で育ちました。自分を育ててもらった地域の患者さんへ貢献できることを、大変嬉しく感じます。

 


看護部TOPページへ