大西脳神経外科病院

TEL: 078-938-1238

明石駅前クリニック
TEL: 078-911-0024


「ふるえで、悩んでいる方へ」

 

手のふるえがひどくて字が書けない、茶碗やコップをうまく持てないなどの症状に悩んでる人は、思っているより多いものです。ふるえには様々な原因がありますが、本態性振戦の場合、大規模な手術を伴わない、集束超音波を利用した新しい治療法が開発されました。

 

集束超音波治療が、2019年6月1日より保険診療となりました。

治療をご検討されている方は、お問い合わせください。

 

 

お電話でのお問い合わせ

078-938-1238

平日の8:30~16:30

 

 

Webでのお問い合わせ

WEB入力ぺージへ

 

 

本態性振戦とは

ふるえは医学的に振戦と呼ばれ、体の一部が自分の意思とは関係なく規則的に動いてしまう状態を指します。本態性とは「原因がはっきりとしない」という意味の医学用語です。手のふるえから字が書けなくなる、茶碗やコップが持てないなどの症状が特徴的です。40歳以上の4%、65歳以上の5~14%の人に認められるとの報告があります。

 

本態性振戦の一般的な治療法

薬物療法:β遮断薬など

軽度、中等度の本態性振戦の治療には薬物療法が一般的です。
交感神経のたかぶりを抑えるように作用し、ふるえを抑えます。

 

手術療法:高周波凝固術(RF)

熱凝固によりふるえの症状を軽減させる治療法です。
頭蓋骨に小さな穴を開けて熱凝固針を刺入し、治療部位(視床腹側中間核)を凝固させます。

 

手術療法:脳深部刺激療法(DBS)

高頻度の電気刺激によりふるえなどの症状を軽減させる治療法です。
高周波凝固術と同様頭蓋骨に小さな穴を開け、電気刺激のための電極を視床腹側中間核の位置を測定し埋め込みます。持続的に電気刺激を行う事で症状が改善します。

 

MRガイド下集束超音波治療(FUS)とは

MRIと超音波を使用した治療機器を組み合わせ、頭蓋外部から照射した超音波を、治療部位(視床腹側中間核)に集束させ熱凝固する治療機器です。

  • 超音波は頭蓋骨を貫通するため、頭蓋骨に穴を開ける必要がありません。
  • MRIを併用するため、治療中に正確な治療部位と温度を確認できます。
  • 治療中は患者さんと医師が対話しながら、安全性と効果を確認します。

 

 

お電話でのお問い合わせ

078-938-1238

平日の8:30~16:30

 

 

Webでのお問い合わせ

WEB入力ぺージへ