大西脳神経外科病院

TEL: 078-938-1238

明石駅前クリニック
TEL: 078-911-0024

>
>
>
>
>
言語療法室

サブメニュー

言語療法室

【言語聴覚士とは】

 言語聴覚士:STとはSpeech Language Hearing Therapistの略です。1997年に国家資格となりましたが、職業としては約40年の歴史があります。

 言語聴覚士の仕事は、ことばを理解したり話すことが出来なくなったり、うまくコミュニケーションができなくなった方(失語症・運動性構音障害)、またコミュ二ケーション以外に高次脳機能障害(記憶力や注意力、遂行機能などの障害)、認知機能などの障害を患った方に検査や治療など通じて能力の維持向上を目指します。その他に飲み込みが困難になった方(摂食・嚥下障害)に対して個別に応じた方法で治療・訓練を実施します。【日本言語聴覚士協会から引用】

    

【スタッフ紹介】

 

   

【言語療法室内観】

 

 

 

失語症

 一旦獲得された言語機能が、大脳(主に左半球)の損傷によって障害された状態です。話す、聴く、読む、書く、計算、といった言語機能のすべての側面に何らかの障害が現れます。

 

運動性構音障害

 発声や構音に関する器官(舌、唇、咽頭、声帯etc)に運動麻痺が出現し、呂律がまわりにくくなる状態です。失語症と異なり、主に話すことに障害をきたします。

 

摂食・嚥下障害

 私たちは食事をする際に食べ物を見て、口の中へ運びます(摂食)。そしを噛み砕いて、唾液と混ぜ合わせて、食物を飲み込みやすい形態(食塊)にします。その食塊は舌を使って喉(咽頭)へ送られ、飲み込みこんで(嚥下)、胃に送り込みます。摂食・嚥下障害とは、これらのいずれかの段階で問題が生じることを言います。飲み込みを誤った場合には、窒息やムセ、誤嚥性肺炎となる恐れがあります。

 

吃音症

 発音の滑らかさが損なわれる障害のひとつで、発語時に、音が出ない状態や何回も繰り返したりする症状のことです。

 

2017年8月から、外来にて吃音療法を開始しています。
詳しくは、
こちら、ご参照ください。
 

 

【当院の言語聴覚療法】

 当院は発症直後より、ベッドサイドから評価や訓練を行い、退院時まで専任の言語聴覚士とマンツーマンにて行われます。また必要に応じて退院後も外来にて継続して関わっていきます。

 

 

【コミュニケーション】 

 言語障害(失語症や構音障害)を呈した患者様に物品や絵カードを用いた訓練だけでなく、ジェスチャーやコミュニケーションノートなどの非言語コミュニケーションを導入することにより、日々の生活の中から患者様のコミュニケーション能力を引き出します。

 

 

 

【食べること・飲むこと】 

 摂食・嚥下障害を呈する患者様は少なくありません。超急性期より摂食・嚥下機能の評価/訓練を行います。窒息や誤嚥性肺炎の危険があるため食物形態や姿勢などの環境調整はもちろん、PT/OTと連携を取りながら訓練を行います。毎日リハビリカンファレンスを行い、患者様の情報交換をします。

 

 

 

 

【嚥下造影検査】 

 嚥下障害を呈された患者様を対象に嚥下造影検査(VF)を実施しております。当院では嚥下障害看護認定看護師と共に機能評価・治療計画立案を実施しています。

 
 

 

 

【鈍音・語音聴力検査】 

 必要に応じて、聴力検査を実施します。年齢を重ねて聞こえにくくなる老人性難聴や、聴神経腫瘍等の脳神経疾患により難聴を呈した方を対象に実施しています。

 

 

 

【NST(Nutrition Support Team)】 

 NST委員会(回診)に週1回参加しています。NSTとは医師・看護師・栄養士・薬剤師・言語聴覚士による、経口・輸液・経腸栄養を含めてトータルで栄養サポートを行う多職種の集団(チーム)です。

 

 

 

【先輩の声】
 言語聴覚療法では、脳腫瘍・脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血などの脳卒中を原因とした「聞く」「話す」「読む」「書く」「食べる」といった言語機能・構音機能・嚥下機能などに関して、各機能維持・向上に対して取り組みます。日々、患者様・他スタッフに刺激を受けながら勉強の毎日です。
 今後、超高齢化社会を迎えるにあたり、言語聴覚療法を必要とされる患者さまは多くなると言われています。患者さまのニーズに答えられるよう、質の向上に努めていきたいと思っています。
 

言語聴覚士
春井 竜太

 

【新人の声】
 この度、言語聴覚士国家試験に合格し大西脳神経外科病院に入職させていただきました。私が初めて当院に来たのは高校三年生の時です。当院でオープンホスピタルを実施していることを知り、参加させていただきました。進路について常に考えている時期に、実際の現場で働いている方のお話を聞き、院内の様々な職種を見学・体験できることに驚きと楽しさを感じたことを覚えています。また、評価・臨床実習でも当院にお世話になりました。患者さんを通して学校では学べないことを教えていただき、臨床の奥深さを実感しました。そして先生方の技術や真摯な姿勢、それぞれのポリシーを持って患者さんと向き合われている様子を目の当たりにし、改めて言語聴覚士になりたいと強く思いました。こうして当院に入職させていただけたことを嬉しく思います。初めは分からないことばかりですが、日々勉強し教えていただきながら、先輩方のような知識と技術を身につけられるよう努力していきます。そして患者さんのことを第一に考えて気持ちに寄り添い、信頼していただけるような言語聴覚士を目指して、精進していきます。
 
 

言語聴覚士
高野 愛