大西脳神経外科病院

TEL: 078-938-1238

明石駅前クリニック
TEL: 078-911-0024

>
>
>
>
作業療法室

サブメニュー

作業療法室

【作業療法とは】

 作業療法とは、選択された活動の特殊な使用によって評価と治療を行うものである。この活動は作業療法士によって企画され、心身の疾病、社会的、発達的問題によって一時的もしくは永続的に障害をおこした者によって行われる。その目的は障害の予防および職場、社会、家庭において最適の機能と自立とが発揮できるように対象者のニーズを満たすことにある。

(世界作業療法連盟 1987)

 

【作業療法室内観】

 

【当院における作業療法】

 当院における作業療法では、主に中枢神経系疾患の患者様を対象に、運動麻痺や感覚の障害によって拙劣となった運動機能の改善を図ること(協調性の改善)や繰り返し運動を行えるように(筋持久性の改善)作業活動を用いて治療を行います。また日常の作業(食事・整容・更衣・入浴・排泄・家事など)が可能となるように治療・訓練を実施し、必要に応じて自助具の作成や環境調整などを行い最大限の機能が発揮できるように関わります。また当院では作業活動による治療効果を最大限にするために必要に応じて関節内運動機能障害の治療(SJF)を行っています。

 

     

 

運動性作業療法

 

 運動性作業療法では関節可動域・筋力・筋持久性・協調性の改善を目的に種々の作業活動を用いて治療を行います。

 
 

 

 

緊張性作業療法

 

 最も好みにあった作業活動を用いて、筋力と精神の緊張を維持・改善することを目的に行われます。

 
 

 

 

家事動作訓練

 

 自宅復帰に必要な家事動作訓練を実施し、円滑な社会復帰を支援します。また、調理活動を両手動作の協調性改善を図る目的で治療として実施することもあります。

 
 

 

 

日常生活動作訓練

 

 更衣・排泄・入浴・整容等日常生活を送る上で必要な動作の訓練を実施し、回復した機能を日常生活動作の中で効率よく使用できるようにしていきます。

 
 

 

 

【先輩の声】

 発症直後から作業療法は治療を開始します。当初、患者さまは、「仕事に行けない」「しんどい」「手が動かなくてショック」などたくさんの訴えがあります。徹底したリスク管理のもと、徐々に活動範囲が広くなる中で、患者さまの問題点や、必要としている事をくみ取らなくてはなりません。様々な状態の人がいる中で、その人の必要としている活動を作業を通して獲得できるように関わっていきます。急性期としての関わりは難しく、つまずくこともありますが、私たちはチームで動いていますので、医師、看護師、理学療法、言語療法と情報を共有し、作業療法士として全力で取り組んでいます。
 2007年から作業療法士として働き出し後輩も多くできました。まだまだ学ぶことは多く、毎月の勉強会などでスタッフが一丸となって技術を磨いていかなければと思います。

作業療法士 A.D.

 

【新人の声】

 2021年、作業療法士として大西脳神経外科病院に入職し、社会人として一歩を踏み出しました。私には、中学生の頃に父が脳梗塞を患い、入院したという経験があります。その際に父の治療を見学させていただき、作業療法士について興味を持ちました。
 高校生の頃、当院でオープンホスピタルが開催されていることを知り、参加させていただきました。そこで病院の様子や作業療法士が実際にどんなことをしているかを知り、強く作業療法士になりたいと思うようになりました。
 入職当時、大学の授業や実習、国家試験合格のための勉強を経て、ある程度勉強していると思っていました。しかし、当院で行われる勉強会や先輩方からの指導を受け、自分はまだ知識を深め切れていない事を痛感し、もっと様々なところから知識を得て、精進していかなければならないと考えました。
 まだまだ様々な面で未熟者ですので、もっと先輩方からのご指導をいただき、勉強会や多くの院内・外の研修などに積極的に参加して、今以上に自分の知識や技術を磨き上げていきたいです。そして、患者さんやその御家族から信頼を得て、安心して治療を受けていただき、これからの生活に対する不安を少しでも和らげられるような治療者を目指します。早く先輩方のような作業療法士となれるよう努力していきたいと思います

作業療法士 C.N.