>
薬剤部のご紹介

薬剤部のご紹介

 

【薬剤部長のご挨拶】

 医療の安全を最優先に考え、医薬品の適正使用、適正管理を徹底し、医薬品の情報を提供しています。

 そして、患者様を中心としたチーム医療を支える力となれるように他の医療従事者と連携し、安心で安全な薬物療法の維持、向上に取り組んでいます。

 これらの業務を推進するためにも医薬品及び薬物療法に関した新しい知識を修得するように日々研鑽しています。

薬剤部長 違口 晴子

 

【薬剤部の理念】

 生命の尊厳を保持し、医薬品の調剤、供給、及び薬事衛生を司ることにより人々の健康な生活の確保に努める。

 

【薬剤部の基本方針】

 1.患者様に安心の出来る医療を提供する。

 2.他部署との連携を密にして、患者様の利益のために最善を尽くす。

 3.常に専門知識の向上に励み、後進への育成に努める。

 

主な業務

【外来調剤】

 外来患者さまの調剤は、院内処方箋により行っています。オーダリングシステム導入により、診察室で医師が処方入力すると薬剤部に処方箋が発行されすぐに調剤を始めることができ、会計終了後、できるだけ待ち時間が少ない形でお薬をお渡しできるように心がけています。また、医師により処方された薬の用法用量、重複投与、相互作用などを薬剤師がチェックし、疑問があれば医師に確認した後に調剤します。

 

【入院調剤】

 入院患者さまの内服薬・外用薬の調剤を行っています。全自動錠剤包装機による服用ごとの一包化調剤を行っています。

 

【注射薬調剤】

 主に入院患者さまの注射薬を患者さまごとに1日分ずつセットし病棟へ払い出しています。

 

【注射薬無菌調製】

 無菌製剤室を設置し安全キャビネットを用い、入院患者さまの抗癌剤の調製を行っています。 

 

 

 

 

 

【薬剤管理指導】

 入院患者さまに薬剤管理指導(服薬指導)を行っています。薬が適正に使用されるように、アレルギー・副作用歴や持参薬などの確認を行い、処方された薬との相互作用をチェックしています。また、お薬の説明書を用いて、できるだけわかりやすい薬の説明を行うように努めています。病棟専任薬剤師も配置しています。

【入院前面接】

 外来で手術または検査入院が決定した患者さまに対し、事前面接(服薬指導)を行っています。手術入院の患者さまには抗血小板薬などの服用の確認及び中止の説明を行い、検査入院の患者さまには糖尿病用薬の確認及び中止の説明を行い、手術、検査の延期がなく、安全に施行できるように取り組んでいます。

 

 

 

【医薬品管理】

 在庫管理支援システムを導入し、医薬品の在庫管理を行っています。また、院内の医薬品の品質管理も行っています。

 

【医薬品情報管理】

 医薬品に関する様々な情報を収集、整理、評価して、医師や看護師などの医療従事者に提供することにより、適正な薬物療法に貢献しています。また、院内で起こった副作用などは、安全性情報としてPMDA(医薬品医療機器総合機構)へ報告しています。

 

【資格取得】

 日本病院薬剤師会認定 感染制御認定薬剤師:1名

 日本薬剤師会研修センター認定 実務実習指導薬剤師:2名