>
>
腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

 頚椎椎間板ヘルニアと同じく、運動や加齢による変化にて腰椎の椎間板もどんどん変性し、中身が飛び出したり、全体的につぶれて膨らんだ状態を「椎間板ヘルニア」と呼びます。動きが激しく負担が大きい腰にもよく発生し、老若男女問わず非常に多くの方が発症し、様々な生活の支障をきたします。腰椎椎間板ヘルニアによる症状の程度は様々で、腰の重だるさや軽い腰痛だけで済むこともありますが、ヘルニアがすぐ近くにある足につながる神経を圧迫すれば、腰から足にかけての痛みやしびれを来し、いわゆる「坐骨神経痛」を来します。多くの場合は比較的突然、左右どちらかの腰やお尻から太腿からふくらはぎにかけて激しい痛みが出現し、いろいろな動きや姿勢で悪化したり軽快したりします。椎間板はレントゲン撮影で映らないため、この病気はレントゲン撮影では全く診断できません。速やかにMRI検査を行い、適切な治療を開始することが望まれます。

    

 

 治療としては、まずはさまざまな鎮痛剤やブロック治療などで痛みのコントロールを行い、安静などで少しでも神経のダメージを緩和します。一般的には70%程度の方が数か月の経過で疼痛の軽減が得られ、仕事や生活に問題なく回復できるため、保存的加療が優先されます。ただ、痛みが激しく薬物でのコントロールが困難であったり、足の筋力低下が出現している場合、症状がどんどん悪化してゆく場合、仕事や家庭の事情などで安静が図れない場合などは、速やかに手術治療を行い症状の軽快を図ることが望まれます。現在、手術治療としては、手術用顕微鏡や内視鏡を用いて椎間板ヘルニアを摘出し、神経の圧迫を解除する方法が一般的です。いずれの方法も特徴がありますが、どちらも数cmの切開で行い、低侵襲で、手術の翌日より食事も歩行も可能で、コルセットの装着も不要なため、短期間で社会復帰が可能であります。