>
>
末梢神経絞扼障害

末梢神経絞扼障害(手根管症候群、肘部管症候群、足根管症候群など)

 手足のしびれの原因が、傷んで分厚くなった靭帯などで末梢神経が締め付けられ発生することも多く、手のしびれの原因として手根管症候群や肘部管症候群、足裏のしびれの原因として足根管症候群などがあります。

 その中でも手根管症候群は非常に多くの方が発症され、手をよく使う仕事をされている方、妊娠出産期や更年期の女性、血液透析をされている方などによく発症します。

治療は、まず局所の安静、消炎鎮痛剤やブロック注射などの薬物治療で対応しますが、指が使いづらくなったり、しびれのために眠りが妨げられたりする場合は、手術治療(局所麻酔で小さな切開を設け、顕微鏡や内視鏡を用いて精密に神経の除圧を行う方法)が望まれます。