>
個人情報保護に関する当院の基本方針

個人情報保護に関する当院の基本方針

 個人情報保護に関する当院の基本方針 「個人情報の保護に関する法律」(平成17年4月全面施行)及び厚生労働省ガイドライン(平成16年12月24日)に従って、当院は患者様の個人情報を以下のように取り扱います。
 

1.個人情報保護に関する当院の組織体制

 当院の代表者は院長大西英之、個人情報保護管理者(CPO)は副院長久我純弘です。

 

2.個人情報の利用目的

 当院の通常業務で想定される利用目的および第三者提供の内容は別紙に示すとおり厳格に制限されています。患者様がその内容に異議を唱えない場合は同意されたものと考えます。利用目的あるいは第三者提供の一部に同意し難い場合は、その旨を申し出て同意を保留することができます。

 

3.個人情報等の公開

 すべての「個人情報」についてもご請求により原則として開示いたします。開示を希望される場合は、ご本人(未成年または成年被後見人の法定代理人)あるいはご本人の委任を受けた代理人が医事課までお申し出いただき必要な開示請求手続きをお取りください(ただし、手数料を申し受ける場合があります)。最良の医療を行うために支障を来たす場合などには、開示をしないことがあります。その場合には文書で回答します。

 

4.プライバシー保護のための個人情報の非開示

 民間保険会社、職場・会社、知人・親戚からの問い合わせに対しては、本人または法定代理人の同意なしに回答することはいたしません。

 

5.個人情報の訂正・利用停止・削除請求及び苦情処理

 本人または4に示す法定代理人から個人情報の訂正、追加、削除または利用停止の請求があった場合、その理由が適切であると考える場合にそれらに応じます。また、個人情報が漏れた場合あるいは当院の個人情報の取り扱いにご不満がある場合は、苦情処理を申し立てることができ、それに対し当院は誠意をもって対処します。

 

6.目的外利用、第三者提供、開示の例外

 法令に基づく場合、本人または第三者の生命、身体、財産を害するおそれがある場合、当院の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合、他の法令に違反する場合には、同意なしに①公示した利用目的以外の利用、②公示した第三者以外への提供、③本人に個人情報を開示しないことがあります。また、意識障害や認知症等で意思を確認できない患者様の場合は、本人の同意なしにご家族から情報取得し、ご家族に情報提供することがあります。

 

平成17年3月     大西脳神経外科病院