>
>
覚醒下脳手術の認定施設

当院は、覚醒下脳手術施設の認定を受けました

当院は、平成27年11月2日に脳腫瘍覚醒下マッピングを行うための覚醒下脳手術施設として認定を受けました。

 

 

 

覚醒下脳手術とは

 言語野や運動野の領域に近いところにできた腫瘍の摘出においては、術後の神経症状の悪化のリスクがさらに高くなります。

 そこで、手術中に麻酔から覚まして、患者さんが手足を動かしたり、話せる状態になってから腫瘍摘出を進めることで、脳の言語野や運動野を実際に傷つけていないかどうかを確認しながら手術をすることが可能になります。