大西脳神経外科病院

TEL: 078-938-1238

明石駅前クリニック
TEL: 078-911-0024

>
>
フロアガイド

サブメニュー

フロアガイド

 北館フロアー概要

北館 1階フロアー

 

・医事課(受付)

・診察室

・脳ドック・検診センター

・放射線検査科

・薬剤部

・地域連携室

 

病院正面側

正面玄関

 

玄関ホール、受付・会計窓口

診察室

 

脳ドック・検診センター

外来待合

 

薬局窓口

地域連携室窓口

 

 

北館 2階フロアー (脊椎・脊髄センター)

 

・病室 (北201~220)

臨床検査センター

スタッフステーション

デイルーム

臨床検査センター

 

 

 

北館 3階フロアー (回復期リハビリテーションセンター

 

・病室(北301~317)

スタッフステーション

デイルーム

 

 

北館 4階フロアー (神経科学研究所)

 

・カンファレンス室

・医局

・神経病理研究室

  病理検査室

・神経生化学研究室

・神経生理研究室

・神経解剖研究室

  顕微鏡手術訓練室

  動物実験室

・医療情報管理室

・研究材料保管室

・ビデオフォトセンター

カンファレンス室

神経病理研究室

   

 

 

北館 屋上

 

・屋上庭園(南館5Fから)

屋上庭園

 

 

 

 

 南館フロアー概要

 南館 1階フロアー

 

・SPDセンター

・厨房部門

・駐車場

南館玄関

調理室

 

駐車場

 

 

 

南館 2階フロアー (画像検査・手術センター)

 

・手術室1~3

・中央材料部門

・CT室・MRI室・IVR室

CT室には世界で4台目の、GE社製 Discovery750HD 64列を導入しています。

 

MRI室は手術室1と扉を隔てて繋がっており、手術中にMRI検査が実施出来るようになっています。MRI室にはGE社製 OptimaMR450w 1.5Tを導入しています。
 

検査中の緊張を少しでも和らげたいという思いから、MRI室の壁には樹木が描かれています。


 

画像検査・手術センター

手術室前ホール

手術室1(術中MRI実施可能)

IVR室(ハイブリッド手術室)

手術室2

手術室3

CT室

MRI室(手術中にMRI検査が可能)

中央材料室(清潔エリア)

患者ご家族様の待合エリア

 

 

南館 3階フロアー (脳卒中センター)

 

SCU

・病室(南351~368)

SCU

2床室

 

デイルーム

 

 

 

南館 4階フロアー (脳腫瘍・頭蓋底外科センター)

 

・ICU

・病室(南451~466)

 

4床室

スタッフステーション

 

洗面所

 

 

 

南館 5階フロアー (リハビリテーションセンター)

 

・PT室・OT室・ST室

フロアー全体がリハビリテーションエリアとなっております。理学療法士、作業療法士、言語療法士が在籍しており充実した治療を受ける事が出来ます。

・職員食堂

理学療法室

身体障害者用トイレ

 

職員食堂

 

 

 

南館 6階フロアー

 

管理部門

・会議室

 

 

 

 

南館 7階フロアー

 

・英明ホール(講堂)

多目的ホールとして学術講演などで利用し、時にはコンサートも開催されます。 また一般の方もご利用になれます。

英明ホール

ホワイエ

 

 

各階案内図

※ 詳細をクリックしていただくと各階が拡大されます

 

 
 

 

 
 

 

 

 
 

 

 

   

 

その他の特徴をご紹介

らせん階段

 1階から最上階まで螺旋階段が続きます。写真は、7階の英明ホールで月初めに行われる朝礼が終わり、職員が自分の勤務フロアーへ戻っていく様子です。

 

尚、一般の方の立ち入りはリハビリエリアの5階までとなっております。


サーバー室

 医療現場でもIT化が進んでおり、医療情報システムが構築されております。診察記録や、CT、MRIなどの検査画像などがデジタル化され、ここで一括管理し保存されています。

 災害時でも停止すること無く、診療を続けられるように設計されております。


東側からの外観(夕方)

 夕方に東側から撮った写真です。直線的な形状でシャープな印象があります。北側の3階以上は一面ガラス張りになっております。屋上部分にある、病院のマークと「大西脳神経外科病院」の文字が光るようになっています。


南西側からの外観

 南西側から撮った写真です。デコボコした形状で、東側とは違う雰囲気で、まるで違う建物のように観えます。近隣の建物になるべく日陰を作らないように配慮しています。南側の赤い支柱は血管をイメージしています。