>
脳卒中センター

脳卒中センター

センター長ご紹介

 久我 純弘

脳卒中センター長

理事・副院長

 

日本脳卒中学会専門医

日本脳神経外科学会専門医・指導医

日本脊髄外科学会認定医

 

 

はじめに

 大西脳神経外科病院 脳卒中センターでは、すべての脳卒中患者さんに24時間、365日対応しています。脳卒中の診断に必須であるMRIが24時間稼働しており、常に正確な診断とそれに基づく治療が脳卒中専門医により行われます。

 脳卒中治療は時間との戦いになることが多く、病態に応じた治療を直ちに開始する必要があります。薬物による治療だけでなく、外科的治療、更に最近では血管内治療も行われることが多くなっています。そのため、各患者さんに最適な治療が行えるように脳卒中専門医による各チームが24時間常に対応できる体制をとっています。

 脳卒中センター内にはSCU(ストロークケアユニット)が6床あり、急性期の脳卒中患者さんの病状に即応できるよう専門医療スタッフがチームを組んで計画的に治療を行っています。

 

 

チーム医療、地域連携

 脳卒中では意識障害、運動麻痺、感覚障害、言語障害、嚥下障害など様々な症状を伴っています。そのため、入院当初からリハビリテーション科の理学療法士、作業療法士、言語療法士による治療も開始します。特に脳卒中後の肺炎はその後の治療に大きく影響するため、その予防のためにも理学療法を入院早期から行っています。また、脳卒中の原因となった基礎疾患のためたくさんの種類の薬を内服されている場合が多く、センターに専任の薬剤師さんが薬の管理を行っています。基礎疾患に応じた栄養管理も非常に重要でそのために栄養士さんが食事栄養の管理を行います。脳卒中の場合、急性期治療だけではなくその後の機能回復のための長期的なリハビリテーションが必要になることが多く、治療が途切れる事なく継続できるように地域連携室が回復期病院とのシームレスな連携を築いています。

 

 

発症からの経過時間がポイント

 脳梗塞の治療開始は発症から早ければ早いほど良く、t-PAによる血栓溶解療法は発症から4.5時間に以内に始める必要があります。来院までに既に時間が経過している場合が多く、診断から治療開始までの時間的余裕はありません。そのため、救急搬入から治療開始までの時間短縮のため病院一丸となって取り組んでいます。また、t-PAで効果が得られない場合、直ちに血管内治療による血栓回収療法が施行できる体制が血管内専門医チームにより整えられています。

 

2016年の実績(2016年1月から12月まで)

脳血管障害の入院数 1,334人

脳梗塞・脳塞栓     643人

脳出血         179

未破裂脳動脈瘤     122

一過性脳虚血発作    71人

くも膜下出血      53人

無症候性脳血管障害   254

その他         12


t-PA治療件数 55件

t-PA治療の脳梗塞に対する割合 8.7%

血栓回収療法  39件


頸動脈狭窄病変に対する治療(内科的治療以外)

頸動脈内膜剥離術    6件

頸動脈ステント留置術  111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳血管障害に対する手術総数 347件 (外科140件、血管内207件)

脳動脈瘤手術      67

脳動静脈奇形摘出術   8

頸動脈内膜剥離術    6

脳血管バイパス術    12

脳出血除去術      28

その他         19件

脳動脈瘤コイル塞栓術  42

脳動静脈奇形塞栓術   15

血栓回収療法      39

頸動脈ステント留置術  111

 

 

 

 

血管内治療科のご案内はこちらから

 
 

 頭や首を切開することなく治療が可能な、血管内治療(カテーテル治療)のご案内は、こちらからご覧ください

 技術の進歩によって今後も更に血管内治療が普及する事が予想されます。当院では、24時間365日、血管内治療専門医による対応が可能です。