>
>
>
北2階病棟

脊椎・脊髄センター (北2階病棟)

 

センター(病棟)紹介

 北2階病棟は、脊椎・脊髄外科センターとして43床を有し、脊椎・脊髄疾患を中心に脳血管疾患を含め、手術やリハビリテーションを目的とした患者さまが入院されています。
スタッフは、看護師・介護福祉士・看護助手・医療秘書で構成されています。それぞれがコミュニケーションを取りながら、患者さまが安心して治療を受けられるように支援しています。病棟内では、歩行訓練に取り組んでいる患者さまが多くおられ、他職種とカンファレンスや情報交換を行いながら生活動作に合わせた援助を行っています。

 

患者指導

患者指導

手術後の起き上がり方や退院後の生活に向けて、指導を行っています。
頚椎カラーや腰椎コルセットを退院後も使用される患者様に対して指導・練習をしています。

 

 

 

北2階病棟を支えてくれるスタッフ
医療秘書
患者の入退院が多い中、いつも笑顔で対応しています。
介護福祉士
看護師と一緒に患者さまへ細やかなケアを提供しています。
看護助手
患者様が安全に清潔に入院生活が送れる様に、笑顔で走り回っています。

 

 


看護部TOPページへ