>
>
こんな症状ありませんか?


こんな症状ありませんか?

以下のような症状がある場合は、大西脳外科クリニックにご相談ください。

 頭痛

殆どは緊張性頭痛という首の緊張や肩こりが原因ですが、ストレスや頸椎の変形によることも多く高齢の増加とともに増えてきています。その他片頭痛や、高血圧による"かくれ脳出血”、解離性脳動脈瘤や脳腫瘍・慢性硬膜下血腫の場合がありますのでこれらを見極める診断が重要です。

 

 もの忘れ

いわゆる認知症やMCI(軽度認知障害)は種々の原因で発症します。認知症の代表格であるアルツハイマー病は、原因は解明されておりませんが脳の小血管病であるといわれておりMRI-VSRAD法や高次機能検査で診断されます。現在進行を遅くする薬物療法や新薬の開発が進められています。ぜひ専門医にご相談ください。

 

 耳鳴り・難聴

片側性の症状の場合聴神経腫瘍の場合があります。早めに精密検査をうけてください。

 

 めまい・ふらつき

多くは良性体位変換性めまいで三半規管の耳石の異常で起こりますが、小脳出血や小脳腫瘍・聴神経腫瘍の場合もあります。高血圧の人にもよくふらつきがあり、脳や脊髄からくる病気の場合もありますので注意が必要です。

 

 手足のしびれ・麻痺

この症状が出た場合は高い確率で脳や脊髄に異常が見られます。脳腫瘍・脳出血・脳梗塞あるいは脊髄症や末梢神経障害の可能性が高いため早く精密検査を受けてください。

 

 視力の低下・視野障害

目は脳神経の一つです。近視・白内障や緑内障など眼科的に異常がない場合は、脳腫瘍や脳梗塞がかくれている場合があります。このような場合にはMRIなどの精密検査を受けてください。

 

 けいれん・手足のふるえ

顔面のけいれんや手足のふるえなど、自分の意志とは関係なく動く。これらは顔面神経や脳梁部の神経の興奮性が高まった場合におこります。薬物療法や手術での治療が可能です。